【CSS】JavaScriptを使わずにハンバーガーメニューを作る

2020年8月31日 7:38

はじめに

当初はスペースの限られるスマートフォンなどの低解像度デバイス向けサイトにおいてスペースを有効活用するために登場したハンバーガーメニューですが、最近はPCなどの高解像度デバイス向けサイトでも使われているのをよく見かけます。

何よりメニューをまとめられてすっきりした印象になりますし、スペースが広く使えるのでメインメニューだけでなくサブメニューまで網羅的に載せてサイトマップのように表示することもできます。

今回はそんなハンバーガーメニューをJavaScriptを使わずに実装する方法を解説します。

サンプル

右上のハンバーガーメニューをクリックするとフルスクリーンナビゲーションの表示を切り替えられます。

解説

HTML

<input type="checkbox" id="toggle-nav">
<label for="toggle-nav" class="hamburger">
  <div></div>
  <div></div>
  <div></div>
</label>

ハンバーガーメニューにはフォームで使われるチェックボックスを利用します。labelの中の3つのdivがハンバーガーメニューの3本線になります。

<div class="menu">
  <ul>
    <li><a href="#">Home</a></li>
    <li><a href="#">About</a></li>
    <li><a href="#">Journal</a></li>
    <li><a href="#">Contact</a></li>
  </ul>
</div>

フルスクリーンナビゲーションになる部分です。最初は見えないようにしておき、ハンバーガーメニューをクリックすることで表示を切り替えます。

CSS

.hamburger {
  cursor: pointer;
  position: fixed;
  z-index: 1020;
  top: 32px;
  right: 32px;
  width: 32px;
  height: 14px;
  margin: 0;
  padding: 0;

  div {
    position: relative;
    width: 100%;
    height: 2px;
    background-color: #000;
    transition: background-color .5s, transform .5s;

    &:nth-of-type(2) {
      margin: 4px 0;
    }
  }
}

ハンバーガーメニューを右上に表示します。3本線のうち真ん中のひとつ(&:nth-of-type(2))だけ上下に余白を設けています。

#toggle-nav {
  display: none;

  &:checked {
    ~ .hamburger {
      height: 28px;

      div {
        background-color: #fff;

        &:nth-of-type(1) {
          margin-top: 6px;
          transform: rotate(135deg);
        }
        &:nth-of-type(2) {
          opacity: 0;
        }
        &:nth-of-type(3) {
          margin-top: -12px;
          transform: rotate(-135deg);
        }
      }
    }

    ~ .menu {
      opacity: 1;
      visibility: visible;
    }
  }
}

まず、チェックボックス自体の表示をnoneにします。そして、チェックボックスがチェック状態(&:checked)になったときにハンバーガーメニューを変形させたりフルスクリーンナビゲーションの表示を切り替えています。

起点となるのはチェックボックスですので、CSSのクエリセレクターはチェックボックスからつながるように書く必要があります。

まとめ

ハンバーガーメニューの作り方を解説している記事はたくさんありますが、大抵はJavaScriptでクリックイベントを拾って処理するというやり方です。

しかしハンバーガーメニューくらいならJavaScriptを使わずにCSSだけで作れてしまいます。CSSだけのほうがシンプルでいいですよね。

参考にしてみてください。

関連記事

【CSS+JS】メニューアイコンの一種、ベントーメニューの実装方法(アニメーション付き)
# はじめに メニューアイコンの中ではハンバーガーメニューが有名だと思いますが、その他にもいろいろな種類があって、それぞれに名前もつけられています。 <a class="gallery" data-group="gallery" href= [...]
2021年10月18日 14:26
【CSS+JS】メインコンテンツの裏から現れるフッターの実装方法
# はじめに オシャレなサイトなどでたまに見かける「メインコンテンツの裏から現れるフッター」の実装方法について説明します。 # サンプル <iframe height="392" style="width: 100%;" scrollin [...]
2021年10月18日 13:26
【CSS+JS】背景画像の視差効果(パララックス)を実装する方法
# はじめに JavaScriptプラグインを使わずに、背景画像の視差効果(パララックス)をVanilla JS(ピュアなJavaScript)だけで実装する方法について説明します。 # サンプル まず、背景画像の視差効果(パララックス) [...]
2021年10月17日 12:08
【CSS+JS】ウィンドウ内全体にファイルをドラッグ&ドロップしてアップロード
# はじめに ユーザーが選択したファイルをアップロードする必要がある場合、ファイル選択フィールドを設置することはもちろんですが、ファイルをドラッグ&ドロップしてアップロードできるようにもなっていると使い勝手のいいサービスだと言えます。しかし、ドラ [...]
2021年6月2日 15:15
【CSS+JS】モーダルウィンドウを表示しその中にYouTube動画を動的に埋め込む
# はじめに 動画のサムネイル画像をクリックしてモーダルウィンドウを表示し、その中にYouTube動画を動的に埋め込む方法について説明します。なお、本記事ではYouTube動画を動的に埋め込むまでを範囲とし、埋め込んだ動画の再生制御などは範囲外と [...]
2021年5月20日 23:23