【Rails】テンプレートエンジン「Slim」を使用する前に覚えておくべきこと

2021年4月1日 13:53

はじめに

Ruby on Railsのデフォルトのテンプレートエンジンは「ERB (Embedded Ruby)」です。ERBは通常のHTMLにRubyコードを埋め込むためのテンプレートエンジンです。しかし、RailsがサポートしているテンプレートエンジンはERBだけではありません。「Slim」は、その名の通りスリムに書くことができるテンプレートエンジンです。

本記事では、テンプレートエンジン「Slim」を使用する際に覚えておくべきことをまとめています。

Slimの書き方

SlimはERBに比べて簡素に書けるテンプレートエンジンです。書き方は公式のドキュメントなどにまとまっているのでそちらを参照してください。

ERBとSlimの双方向変換

ERBをSlimに変換

RailsのデフォルトのテンプレートエンジンはERBなので、ある程度実装してからSlimを導入しようとすると、既存のERBをSlimに直す必要があります。1つ1つ手動で直すには大変なので、専用のGemを使って変換することができます。

Gemfileに以下を追記し、bundle installを行います。

group development do
  gem 'html2slim'
end

上記のGemをインストールすると、html2slimerb2slimという2つのコマンドが使えるようになります。ERBを変換するには後者のコマンドを実行します。

$ bundle exec erb2slim [File or Directory] [-d]

ファイルを指定するとそのファイルが、ディレクトリを指定すると配下のファイルすべてがSlimに変換されます。

-dオプションをつけると変換後に元のファイル(ERB)が削除されます。-dオプションをつけずに変換し、その後ERBを削除したくなったら、今度は-dオプションをつけて再実行すれば削除されます。

初めはERBとSlimの比較のために両方残しておき、必要なくなってからERBを削除するということができます。ただし、ERBとSlim両方のファイルがある場合、ERBが優先してレンダリングされます。

html2slimによるERB→Slim変換は完璧ではありません。ERBの書き方によってはSlimに変換してから少し書き直す必要があるかもしれません。後述する「Slim変換後のリファクタリング」セクションもあわせて参照してください。

SlimをERBに変換

ネット上の技術情報を見ているとサンプルコードがSlimだけで書かれている場合がよくあります。Slimの書き方に不慣れなうちはERBの書き方も見たいときがあります。SlimからERBはコマンドラインツールで変換することができます。

Gemfileに以下を追記し、bundle installを行います。

gem 'slim-rails'

上記のGemをインストールすると、slimrbというコマンドが使えるようになります。

$ bundle exec slimrb --erb
ul#articles
  - @articles.each do |article|
    li.article
      = link_to article.title, article_path(article.id)
[Ctrl+d]

標準入力からSlimを入力し、最後の空行でCtrl+d(WindowsはCtrl+z)を入力するとERBに変換されます。あくまで補助的なツールとして提供されているものなので、それほどきれいなフォーマットでは変換はされません。

Slim変換後のリファクタリング

html2slimによるERB→Slim変換は完璧ではありません。ERBの書き方によってはSlimに変換してから少し書き直す必要があるかもしれません。ここで紹介している以外にも、インデントがおかしかったり不要な空行が挿入されていたりすることがあるので、Slimに変換したら一度すべてのファイルをチェックしてみることをおすすめします。

Rubyコードの途中改行

可読性のためにRubyコードを途中で改行していることがあります。例えば、以下のようなRubyコードがあるとします(あえて長くしています)。

<%= link_to '削除', article_path(article.id), id: "delete-article-#{article.id}", class: 'delete-article',
                   method: :delete, remote: true, data { confirm: '本当に削除しますか?' } %>

上記を含むERBをSlimに変換すると以下のようになります。

= link_to '削除', article_path(article.id), id: "delete-article-#{article.id}", class: 'delete-article',
-                   method: :delete, remote: true, data { confirm: '本当に削除しますか?' }

途中改行している2行目がうまく変換できていません。当然、このままではSlimの構文エラーになります。

= link_to '削除', article_path(article.id), id: "delete-article-#{article.id}", class: 'delete-article',\
                  method: :delete, remote: true, data { confirm: '本当に削除しますか?' }

Rubyコードを途中改行する場合は末尾に\(バックスラッシュ)または,(カンマ)をつけます。2行目の先頭の-(ハイフン)は不要なので削除します。

HTMLエスケープ

SlimはデフォルトでHTMLエスケープを行うため、そのままでは期待通りにエンコードされない場合があります。特に、KaminariというGemを使ってページネーションを実装している場合は必ずリファクタリングする必要があります。

以下はKaminariが生成するビューkaminari/_paginator.html.slimです(Slim変換直後)。

= paginator.render do
  nav
    ul.pagination
      = first_page_tag unless current_page.first?
      = prev_page_tag unless current_page.first?
      - each_page do |page|
        - if page.left_outer? || page.right_outer? || page.inside_window?
          = page_tag page
        - elsif !page.was_truncated?
          = gap_tag
      = next_page_tag unless current_page.last?
      = last_page_tag unless current_page.last?

=(単一等号)はescape_htmlメソッドによるHTMLエスケープが行われます。HTMLエスケープを行いたくない場合は==(二重等号)を使います。

= paginator.render do
  nav
    ul.pagination
      == first_page_tag unless current_page.first?
      == prev_page_tag unless current_page.first?
      - each_page do |page|
        - if page.left_outer? || page.right_outer? || page.inside_window?
          == page_tag page
        - elsif !page.was_truncated?
          == gap_tag
      == next_page_tag unless current_page.last?
      == last_page_tag unless current_page.last?

slimとslim-rails

Rubyにはslimslim-railsという2つのGemがあります。slimはテンプレートエンジンのみで、slim-railsはそれに加えてRailsのジェネレーターコマンドで作成されるビューもSlimになります。特段の理由がなければslim-railsを使えば問題ないかと思います。

また、アプリケーション設定で以下の設定をしなくても、slim-railsをインストールしているだけでジェネレーターコマンドで作成されるビューもSlimになります。

# 以下の設定は不要
config.generators.template_engine = :slim

まとめ

SlimはERBと比べて簡素に書くことができますが、その分習熟には時間がかかるかもしれません。特に、HTMLやERBに長く親しんだという人ほどSlimへの移行には時間がかかります。まずは、既存のERBとSlimを見比べながら徐々にシフトしていくのがいいかと思います。

本記事を参考にして、テンプレートエンジン「Slim」を使っていただければと思います。

関連記事

【Rails】M1チップ搭載MacでRuby on Railsの開発環境構築
# はじめに M1チップ搭載MacにRuby on Railsの開発環境を構築する手順を記載します。 - MacBook Air (M1, 2020) - macOS Monterey 12.3.1 # Homebrew ## [...]
2022年5月5日 11:56
【Rails】Rakeタスクの基本情報と作成・実行方法
# はじめに Railsには標準でRakeというGemが同梱されています。RakeはRubyで実装されたMake(UNIX系のOSで使用できるコマンド)のようなビルド作業を自動化するツールです。Ruby Make、略してRakeというわけですね。 [...]
2022年3月7日 22:12
【Rails】モデルに外部キーを設定する方法とよく起こるエラー内容について
# はじめに Railsでモデルに外部キーを設定する方法について説明します。 # モデルに外部キーを設定する ## リレーションシップ 今回は1つのブログ記事は複数のコメントを持つ1対多のリレーションシップを例に説明します。現在は` [...]
2022年2月10日 14:18
【Rails】Capybaraのfill_inメソッドを実行すると「既存レコードの内容+指定した内容」がセットされる事象の原因と対処【RSpec】
# はじめに RSpec + Capybaraを使用して、Railsアプリの統合テストを実装しています。とあるモデルの編集画面において、入力フォームの内容を書き換えた上で送信し、レコードが更新されることを確認します。 入力フォームの内容を書 [...]
2022年1月27日 21:22
【Rails】GitHubのセキュリティアラートで発見された脆弱性を解消する方法
# はじめに GitHubにはセキュリティアラートという機能があります。セキュリティアラートはリポジトリに含まれるライブラリやパッケージの脆弱性を定期的にチェックし、脆弱性のあるライブラリやパッケージが発見されたらアラートで知らせてくれるという機 [...]
2022年1月16日 10:36
【Rails】devise-two-factorを使った2段階認証の実装方法【初学者】
# はじめに Railsアプリで2段階認証を実装するには、「rotp」というGemを使う方法の他に、「devise-two-factor」というGemを使う方法があります。「devise-two-factor」はその名の通り、IDとパスワードによ [...]
2021年12月12日 17:58
【Rails】rotpを使った2段階認証の実装方法【初学者】
# はじめに 昨今はIDとパスワードによる認証だけでなく、ワンタイムパスワードによる2段階認証を導入するWebアプリが増えてきました。Railsで作成したWebアプリでも、IDとパスワードによる認証に加えて2段階認証を導入するニーズが高まっていま [...]
2021年11月27日 13:02
【Rails】deviseを使った認証機能の実装【初学者】
# はじめに Railsアプリに認証機能を導入するには「devise」というGemを使う方法が最も簡単です。「devise」は認証に係る機能をほとんどコードを書くことなく実装できる反面、処理がブラックボックス化されており、全容が把握しづらいという [...]
2021年11月27日 13:01