【Rails】Capistranoの設定でシンボリックリンクを張るファイルをなぜかディレクトリとして作成しようとしてエラー

2021年5月19日 12:53

事象

昔作ったRailsアプリを久しぶりに修正しデプロイしようとしたところ、以下のエラーが出力されました。

# 実行コマンド
Running /usr/bin/env mkdir -p /var/www/app/shared/config/master.key /var/www/app/shared/log ...
# エラー内容
mkdir: ディレクトリ `/var/www/app/shared/config/master.key' を作成できません

Capistranoの設定ファイルは以下の通りです(抜粋)。

deploy.rb

set :linked_files, fetch(:linked_files, []).push('config/master.key')
set :linked_dirs, fetch(:linked_dirs, []).push('log', 'tmp/pids', 'tmp/cache', ..., 'public/system')

一行目はシンボリックリンクを張るファイル、二行目はシンボリックリンクを張るディレクトリをそれぞれ設定しています。しかし、上記の実行コマンドを見るとなぜか一行目のシンボリックリンクを張るファイルであるconfig/master.keyまでディレクトリとして作成しようとしています。

/var/www/app/shared/config/ディレクトリ配下には手動でmaster.keyファイルを作成しているため、同名のディレクトリを新たに作成することができないというエラー内容です。

原因

はっきりとした原因はわかりませんが、以前は同様の設定でエラーは出ていなかったことを考えると、Capistranoのバージョンが関係しているのかもしれません。

対処

Capistranoの設定ファイルを以下のように修正します。

deploy.rb

set :linked_files, %w(config/master.key)
set :linked_dirs, %w(log tmp/pids tmp/cache tmp/sockets vendor/bundle public/system)

こうすることでなぜかエラーは出なくなりました。%wはRubyの%記法のひとつで、空白区切りの文字列配列を定義できます。

関連記事

【Rails】GitHubのセキュリティアラートで発見された脆弱性を解消する方法
# はじめに GitHubにはセキュリティアラートという機能があります。セキュリティアラートはリポジトリに含まれるライブラリやパッケージの脆弱性を定期的にチェックし、脆弱性のあるライブラリやパッケージが発見されたらアラートで知らせてくれるという機 [...]
2022年1月16日 10:36
【Rails】devise-two-factorを使った2段階認証の実装方法【初学者】
# はじめに Railsアプリで2段階認証を実装するには、「rotp」というGemを使う方法の他に、「devise-two-factor」というGemを使う方法があります。「devise-two-factor」はその名の通り、IDとパスワードによ [...]
2021年12月12日 17:58
【Rails】rotpを使った2段階認証の実装方法【初学者】
# はじめに 昨今はIDとパスワードによる認証だけでなく、ワンタイムパスワードによる2段階認証を導入するWebアプリが増えてきました。Railsで作成したWebアプリでも、IDとパスワードによる認証に加えて2段階認証を導入するニーズが高まっていま [...]
2021年11月27日 13:02
【Rails】deviseを使った認証機能の実装【初学者】
# はじめに Railsアプリに認証機能を導入するには「devise」というGemを使う方法が最も簡単です。「devise」は認証に係る機能をほとんどコードを書くことなく実装できる反面、処理がブラックボックス化されており、全容が把握しづらいという [...]
2021年11月27日 13:01
【Rails】IDとパスワードによる認証機能の実装【初学者】
# はじめに 大抵のWebアプリでは、ユーザー登録/解除、ログイン/ログアウトといった認証機能を持っています。Railsには簡単に認証機能を導入できる「device」というGemが用意されています。「devise」は多くのRailsアプリで使われ [...]
2021年11月27日 13:00