【Rails】Railsアプリにreact-railsを追加する手順

2021年2月16日 19:51

はじめに

JavaScriptフレームワークといえば長らくjQuery一強でした。しかし、ここ数年はAngularJSやReact、Vue.jsといった新しいフレームワークがどんどんと登場しています。過去5年間の検索回数の推移を見てみると、2018年5月頃にjQueryとReactが逆転していることがわかります。

1

本記事では、Railsアプリにreact-railsを追加する手順と簡単な使い方について説明しています。

react-railsの追加

react-railsのインストール

Gemfileに以下を追記してbundle installを行います。Rails 5.xの場合はwebpackerも追記してください。ReactのインストールはWebpacker経由で行います。

# Rails 5.xは以下も追記
gem 'webpacker'

gem 'react-rails'

以下のコマンドを実行して、Reactをインストールします。

# Rails 5.xは以下も行う
$ rails webpacker:install

$ rails wepacker:install:react
$ rails g react:install

Rails 5.xの場合はapp/views/layouts/applicationi.html.erbのヘッダーに以下を追加します。

<%= javascript_pack_tag 'application' %>

以上でReactを使う準備ができました。

react-railsの使い方

以下のコマンドを実行し、Reactのコンポーネントを作成します。HelloWorldがメソッド名で、greeting:stringが引数名と型になります。

$ rails g react:component HelloWorld greeting:string
Running via Spring preloader in process 12477
      create  app/javascript/components/HelloWorld.js

作成されたコンポーネントは以下のようになっています。受け取った引数に文字列を付け足して返却しているだけのよくあるサンプルコードのようです。

import React from "react"
import PropTypes from "prop-types"
class HelloWorld extends React.Component {
  render () {
    return (
      <React.Fragment>
        Greeting: {this.props.greeting}
      </React.Fragment>
    );
  }
}

HelloWorld.propTypes = {
  greeting: PropTypes.string
};
export default HelloWorld

次に、コンポーネントを呼び出す処理を作成します。以下のコマンドを実行して、コントローラーとインデックスを作成します。

$ rails g controller Sample index

app/views/sample/index.html.erbに以下を追記します。react_componentというヘルパーの第1引数にメソッド名、第2引数に引数を渡しています。

<h1>Sample#index</h1>
<p>Find me in app/views/sample/index.html.erb</p>

<!-- 以下を追記 -->
<h2>
  <%= react_component("HelloWorld", { greeting: "Hello from react-rails." }) %>
</h2>

テストサーバーを起動し、ブラウザで確認してみます。

$ rails s

引数で渡した文字列に「Greeting:」という文字列が付け足されてます。

2

まとめ

RailsアプリでReactが使えるようになるreact-railsというGemのインストールと簡単な使い方を説明しました。RailsアプリでReactを使いたいという方は参考にしていただければと思います。

関連記事

【Rails】Webサーバー「Unicorn」の基本情報と実装方法
# はじめに Railsアプリを本番環境で稼働させるには、クライアントからのリクエストを捌くWebサーバーを導入する必要があります。WebサーバーはクライアントからのリクエストをRailsアプリに伝達し、Railsアプリで処理されたレスポンスをク [...]
2021年4月15日 12:17
【Rails】デプロイツール「Capistrano」の基本情報と実装方法
# はじめに アプリを本番環境にアップロードして誰でもアクセスできる状態にすることをデプロイと言います。デプロイで行うべきことは多岐にわたります。Railsアプリの場合で言えば、本番環境にアップロードすることはもちろんですが、Gemのインストール [...]
2021年4月14日 9:56
【Rails】Webpackerの基本情報と実装方法
# はじめに Rails 6からWebpackerが正式採用されました。Rails 5ではオプションで追加することができたWebpackerですが、Rails 6からは普通にアプリを作成するだけでWebpackerがインストールされ、必要な設定も [...]
2021年4月12日 14:36
【Rails】アセットパイプライン(Sprockets)の基本情報と実装方法
# はじめに Ruby on Railsにはアセットパイプラインという機能があります。アセットパイプラインは画像、CSS、JavaScriptといったアセットファイルを連結/圧縮することでRailsアプリを高速化します。また、より高級な言語で書か [...]
2021年4月11日 14:08
【Rails】Turbolinksの基本情報と実装方法
# はじめに Ruby on Railsにはページの遷移を高速化するTurbolinksという機能があります。Turbolinksは優れたJavaScriptライブラリですが、Rails 5からは標準で有効化されているため、Turbolinksを [...]
2021年4月10日 17:59