線路沿いを征く《下北沢駅〜駒場東大前駅》

2019年12月12日 17:46

はじめに

ここ最近、ずっと自宅にこもってひたすらパソコンに向かう生活を送っていました。外に出るのは必要最低限の買い物に行くときだけ。そんな生活も悪いとは思いませんが、たまには外に出て思いっきり太陽の光を浴びたくなるときがあります。

そんなとき僕は適当な駅に降り立って、線路沿いをひたすら歩きます。

線路沿いの道というのは人一人がやっと通れるだけの細い小路になっていることが多く、大自然の中にいるというわけでもないのに非日常を感じられます。

歩くのに疲れたら適当な駅で電車に乗って帰ればいい。そんなゆるい気持ちで歩いてます。

出発

今回の出発駅はこちら、誰もが一度は聞いたことがあるであろう下北沢駅。下北沢駅は新宿へ向かう小田急線と、渋谷へ向かう京王井の頭線が交差する駅です。

今回は京王井の頭線の線路沿いを渋谷方面に歩いていきたいと思います。

改札を出て右のほうにある下北沢南口商店街の中を通ります。さすが下北沢、いろんな店があります。人の往来も激しい。

現在時刻は10時ちょっと前。朝早くからせわしなく働いている人、これから学校や職場へ向かう人、あてどもなくふらふらとさまよう人(僕)。いろんな人がいます。

みんな平気そうな顔して歩いているように見えるけど、きっと大なり小なり悩みを抱えながら生きているんだ。「自分ひとりだけが不幸」みたいな顔はしないようにしよう。

美味しそうなパン屋さんを発見。しかし、実は今回、あるパン屋さんに行くことを目的にしているので、ここのパン屋さんはスルーさせていただきます。

商店街を抜け、左に曲がって京王井の頭線の鉄橋をくぐり、三菱UFJ銀行のところで右に曲がると、閑静な住宅街の入り口に坂道がありました。

坂道を昇りきって右に曲がると、ようやく線路のところへ出ました。ここから線路沿いを歩いていくことになります。

線路沿いを征く

この細い道を行きます。人んちの駐車場の横にある道ですが、おそらく私道ではないはず…

いくつかの踏切を越えて細道を歩き続けます。こころなしかだんだん道が荒れてきた気がします。

おお、草のトンネルだ… 都会のど真ん中で隣のトトロに出てくるような道を通れるとは思いませんでした。すぐ横は線路で電車が走ってますけど。

袋小路

下北沢駅のお隣、池ノ上駅に着きました。まだ体力は若干残ってるので、もう少し線路沿いを歩いていこうと思います。

池ノ上駅前郵便局のある交差点を左に曲がり、少し行った先にある踏切を渡ると新たな小道を発見。行ってみます。

なんだか優雅なスペースがありました。看板らしきものがあるので何かの店でしょうか。しかしどうやら行き止まりのようです。仕方ないので来た道を引き返すことにします。

あてどもなくただ線路沿いを歩こうとしているだけなので、行った先が袋小路だということはよくあります。しかし袋小路に行き当たるということもまた線路沿いを歩くことの醍醐味なんじゃないかと思います。

来た道を引き返していると道を掃除していたご母堂に話しかけられました。この先は袋小路で通り抜けできないということを教えてもらいました。袋小路にある優雅なスペースはお店ではなくただの民家だということも。

下北沢駅から線路沿いに歩いてきたことを話すと、親切にも別の線路沿いの道を教えていただきました。踏切まで戻って線路の反対側を歩けばいいとのこと。

親切なご母堂にお礼を言って別れました。親切な人のあたたかさに触れることができ、あたたかい気持ちになりました。こういうちょっとした出会いを大切にしていきたい。

ご母堂に言われたとおり踏切を渡ると、たしかに線路沿いに道が続いていました。

高級パン屋さん

さらに歩き続けていると少し広い道に出ました。どうやら小道はここまでのようです。残念ですが駅までまだもう少しあるので頑張って歩き続けます。

草木の間からこぼれ落ちる木漏れ日が眩しい。この道はきれいに整備されていて車の運転もしやすそうです。春になれば桜が咲いてまた違った景色が楽しめることでしょう。

立派な公園がありました。ここにはまた後で来ることにします。

踏切を渡ったところにパン屋さんがありました。実は今回、このパン屋さんに来たかったのです。

店員さんに許可をもらって店内を撮影させていただきました。ここは高級パン屋さんらしく、値段が若干お高めですがどれも美味しそうです。全部食べてみたいけど財布の中身が許してくれません…

財布…?

あ、財布持ってくるの忘れた…

普段スーパーとかで買い物するときはキーチェーンとカード入れが一体になったやつしか持っていかないので、いつもの癖で財布を持ってくるのを忘れました…

たぶん現金だけしか使えないでしょうけど、一応店員さんに聞いてみます。

「すいません、うちは現金しかやってないんですよ」

ですよね… 泣く泣くトレイとトングを返して店を後にしました。財布を持って再訪することを胸に誓いながら…

旅の終焉

駒場東大前駅に着きました。駅名の通り、すぐ近くに東京大学の駒場キャンバスがあります。

今回はこの駅で終わりにしようと思いますが、なぜかお腹が減ってるので近くのマクドでハンバーガーでも買って食べることにします。

テイクアウトしたので駒場野公園で食べます。

いい感じのテーブルを発見。若干ウェット気味ですが気にしないことにします。葉っぱは手で払えばいい。

チーズバーガーとコーラ。今日は真冬だと言うのに雲ひとつないので暑いし、歩き疲れて喉がカラカラなので、まずはコーラを一気飲み。嗚呼、生き返る…

外で食べると一段と美味しく感じられるのは僕だけでしょうか。ただのマクドのチーズバーガーなのに、と言ったら失礼ですが、美味しくいただきました。

本当は高級パン屋さんのパンを食べるはずだったんだけどさ…

ごちそうさまでした。尻がしっとりしてきたので帰ります。

今回は下北沢駅から駒場東大前駅まで線路沿いを歩いてみました。

初めにも書きましたが、線路沿いの道は人一人がやっと通れるような細い道が多いため、普通の道を歩くのとはまた違った楽しさがあります。ほとんどグーグルストリートビューも通っていない道なので、決して家のパソコンからでは見られない景色がそこにはあります。

みなさんもぜひ線路沿いを歩いてみてください。その際はくれぐれも財布は忘れずに

関連記事

線路沿いを征く《渋谷駅〜目黒駅》
# はじめに 昨年末、渋谷に用事があったのでついでに線路沿いを歩くことにしました。日本の中心である山手線沿いなだけあって、それはもう都会でした。ええ、都会でしたとも。 天気はすこぶる良かったものの風がめっぽう強い日でした。 # 出発 [...]
2020年1月6日 15:14