RailsアプリにおけるReactの使い方や注意点など

2019年12月13日 12:37

はじめに

こちらのページでReactの基本について勉強しました。
Railsアプリの中でReactを利用するという観点でいくつかトピックを抜き出してみました。

Babelの利用

BabelはReactのJSX記法を典型的なJavaScriptの構文に変換してくれる機能です。
Babelは本来、ES6で書かれたJavaScriptをES5やES4に変換するために使われますが、ReactでのBabelは@babel/preset-reactによってJSX記法を変換する機能を持たせている…のだと思います。
Webpackを使ってReactをインストールしている場合、Webpackのコンパイル時にBabelによるトランスパイルを行うようWebpackのバンドリングルールに設定されています。

ReactDOM

app/views/sample/index.html.erb

<h1>Sample#index</h1>
<p>Find me in app/views/sample/index.html.erb</p>

<%= react_component("Hello", { name: "John" }) %>
<div id="hello"></div>

app/javascript/components/Hello.js

import React from "react"
import PropTypes from "prop-types"
import ReactDOM from "react-dom";

export default class Hello extends React.Component {
  render () {
    return (
      <h1>Hi, {this.props.name}!</h1>
    );
  }
}

Hello.propTypes = {
  name: PropTypes.string
};
Hello.defaultProps = {
  name: "Jane"
}

const hello = document.getElementById('hello');
ReactDOM.render(<Hello />, hello);

ReactDOMを使うことで任意の場所でコンポーネントを実行することが可能です。
上記の場合、HTMLから直接Helloコンポーネントを呼び出して引数を与えており、ReactDOMで生成されたHelloコンポーネントはデフォルトの変数が使われています。
export default <コンポーネント名>を記述することで外部からの呼び出しが可能になります。

1

実行結果。

wepack-dev-serverの利用

Webpack管理下(app/javascript/)のファイルを更新した状態でRailsアプリを実行したタイミングでWebpackerによりWebpackのコンパイルが実行されます。
webpack-dev-serverを起動しておけば、Railsアプリを実行しなくても自動でWeb管理下の更新を検出してコンパイルしてくれます。

$ bin/webpack-dev-server

コンポーネントの階層

コンポーネントに階層をもたせることができます。
app/javascript/components/Hello.jsapp/javascript/components/Greeting/Hello.jsに変更した場合、呼び出し側は以下のように記述します。

<%= react_component("Greeting/Hello", { name: "John" }) %>

まとめ

Reactは最新のJavaScript構文がふんだんに使われているので、まずJavaScript構文を勉強し直す必要があると感じました。匿名関数、let宣言、{name}、ここらへんの構文は見たことはあっても説明はできない状態です。JavaScriptの基本から勉強し直そうと思います。
それから、まだReactの基本しか勉強してないからかもしれませんが、Railsアプリの中でReactを使うメリットがいまのところ見つかっていません。Railsの考え方はMVCなので、ReactのSPA的な考え方と相反するような気がしています。

関連記事

【Rails】Webサーバー「Unicorn」の基本情報と実装方法
# はじめに Railsアプリを本番環境で稼働させるには、クライアントからのリクエストを捌くWebサーバーを導入する必要があります。WebサーバーはクライアントからのリクエストをRailsアプリに伝達し、Railsアプリで処理されたレスポンスをク [...]
2021年4月15日 12:17
【Rails】デプロイツール「Capistrano」の基本情報と実装方法
# はじめに アプリを本番環境にアップロードして誰でもアクセスできる状態にすることをデプロイと言います。デプロイで行うべきことは多岐にわたります。Railsアプリの場合で言えば、本番環境にアップロードすることはもちろんですが、Gemのインストール [...]
2021年4月14日 9:56
【Rails】Webpackerの基本情報と実装方法
# はじめに Rails 6からWebpackerが正式採用されました。Rails 5ではオプションで追加することができたWebpackerですが、Rails 6からは普通にアプリを作成するだけでWebpackerがインストールされ、必要な設定も [...]
2021年4月12日 14:36
【Rails】アセットパイプライン(Sprockets)の基本情報と実装方法
# はじめに Ruby on Railsにはアセットパイプラインという機能があります。アセットパイプラインは画像、CSS、JavaScriptといったアセットファイルを連結/圧縮することでRailsアプリを高速化します。また、より高級な言語で書か [...]
2021年4月11日 14:08
【Rails】Turbolinksの基本情報と実装方法
# はじめに Ruby on Railsにはページの遷移を高速化するTurbolinksという機能があります。Turbolinksは優れたJavaScriptライブラリですが、Rails 5からは標準で有効化されているため、Turbolinksを [...]
2021年4月10日 17:59