線路沿いを征く《渋谷駅〜目黒駅》

はじめに

昨年末、渋谷に用事があったのでついでに線路沿いを歩くことにしました。日本の中心である山手線沿いなだけあって、それはもう都会でした。ええ、都会でしたとも。

天気はすこぶる良かったものの風がめっぽう強い日でした。

出発

今回の出発駅は渋谷駅です。渋谷駅から南に下って恵比寿・目黒方面へ歩いていきたいと思います。

左手にJR渋谷駅、右手にバスターミナルを見ながら南に歩いていくと歩道橋の階段が見えてきます。

歩道橋の下は国道246号線が走っています。国道246号線は千代田区の皇居あたりから神奈川県のほうまで西に伸びる日本でもトップクラスに交通量が多い国道です。

上は首都高速3号渋谷線です。つまり国道246号線と首都高速3号渋谷線は上下に並走しており、今渡っている歩道橋はその間を縫うようにして架かっているということですね。

歩道橋を降りると狭い道があります。渋谷駅周辺のこのあたりは現在、再開発の真っ最中です。再開発が終われば見える景色も変わることでしょう。

左手が線路、右手が再開発区域が続いています。この道は車は通れません。自転車は降りて通る必要があります。

線路沿いを征く

金網越しに渋谷駅のホームが見えます。渋谷駅から結構歩いてもまだまだホームは続いてます。このあたりは埼京線のホームでしょうか。

ここから少しの間、線路から離れた道を行きます。

驚くほど安いらしい。

再び線路沿いの道まで戻ってきました。このあたりまでくるとかなり寂しい雰囲気になりました。夜道に一人で歩くのは勇気がいりそうです。

恵比寿駅に到着

恵比寿駅に到着しました。まだ体力は残っているのでさらに南下し目黒駅を目指します。

アトレを通り過ぎたところで結構な勾配の坂を登っていきます。地面と平行している線路と比べると坂の勾配がよくわかります。

進入禁止の鳥居。やっぱり恵比寿神を祀っているんでしょうか?

なんだかレトロな雰囲気のお店がありました。さすがにもう営業はしてなさそうです。

寄り道

ここで寄り道のために恵比寿南橋、通称アメリカ橋を渡って線路の反対側へ行きます。

この広場にはエビスビール記念館や三越などがあって人が賑わっています。デートなどに良さそうです。

寄り道の目的地。ここはカフェの他、食パンやサンドイッチがテイクアウトで買うことが出来ます。

食パンのお値段は800円ほど。決して安くはありません。今回はサンドイッチを買いました。

近くにある三田丘の上公園というところで食べることにしました。

これで800円。まずくはなかったけど、値段が値段だけにあんまり感動はしなかったかな…

旅の終焉

日がだいぶ落ちてきたので今回はここまで。この後渋谷で人と会う約束をしているので、再び渋谷駅まで歩いて戻ります。

山手線外回りを激写。金網が邪魔ですけど。

渋谷駅周辺のきらびやかなライトアップ。

実はこの日、2019年の仕事納めの日でした。これから束の間の休息に入る人々の顔はライトアップに負けじと輝いていました。