Railsアプリで絵文字対応のブログ機能を実装する方法を解説😊

2020年2月12日 10:02

はじめに

ここ最近、Web上でも絵文字を使う機会が多くなってきました。
何の気無しに絵文字を使っている人も多いと思いますが、絵文字対応のWebアプリを作るには適切な文字コードを設定する必要があります。
今回はRailsで作ったブログ機能を絵文字対応にする方法を解説します😊

絵文字非対応時のエラーメッセージ

絵文字に対応してない状態で絵文字を使おうとした場合のエラーメッセージを見てみます。

[cb8d2f69-3dc1-4f31-8a00-c12b3448bdc8] ActiveRecord::StatementInvalid (Mysql2::Error: Incorrect string value: '\xF0\x9F\x8E\x89 \xF0...' for column 'content' at row 1):

絵文字を含んだ記事をMySQLに保存しようとした際にMySQLでエラーが発生し、それをRailsがキャッチしています。

DBが未構築の場合

DBが未構築でこれから新規構築しようとしている場合は以下の設定を行ってからDBの構築を行います。

Railsアプリの設定

config/database.ymlを以下のように設定します。
絵文字に対応させるにはエンコードとキャラセットをutf8mb4に設定します。

production:
  adapter: mysql2
  encoding: utf8mb4
  charset: utf8mb4
  pool: 5
  database: your_database
  username: your_username
  password: your_password
  socket: /var/lib/mysql/mysql.sock

MySQLの設定確認

構築したDBのキャラセットがutf8mb4になっていればOKです。

mysql> show variables like '%char%';
+--------------------------------------+----------------------------+
| Variable_name                        | Value                      |
+--------------------------------------+----------------------------+
| character_set_client                 | utf8mb4                    |
| character_set_connection             | utf8mb4                    |
| character_set_database               | utf8mb4                    |
| character_set_filesystem             | binary                     |
| character_set_results                | utf8mb4                    |
| character_set_server                 | utf8mb4                    |
| character_set_system                 | utf8                       |
| character_sets_dir                   | /usr/share/mysql/charsets/ |
| validate_password_special_char_count | 1                          |
+--------------------------------------+----------------------------+
9 rows in set (0.01 sec)

DBが構築済みの場合

DBがすでに構築済みの場合、以下のように設定を変更します。

MySQLの設定変更

テーブルの設定変更

テーブルのキャラセットを変更します。

mysql > alter table articles character set utf8mb4;

カラムの設定変更

カラムのキャラセットを変更します。

mysql > alter table articles modify content text character set utf8mb4;

設定確認

テーブルとカラムの設定を確認します。

mysql> use your_database
mysql> show create table articles;
articles | CREATE TABLE `articles` (
  `id` bigint(20) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `title` text,
  `content` text,
  `created_at` datetime NOT NULL,
  `updated_at` datetime NOT NULL,
  PRIMARY KEY (`id`)
) ENGINE=InnoDB AUTO_INCREMENT=59 DEFAULT CHARSET=utf8mb4

テーブルのキャラセットはutf8mb4になっています(最終行)。
カラムのキャラセットは表示されてませんが、変更されているはずです。表示されていないのはおそらくデータ型がtextだからだと思います(varcharなら表示される)。

まとめ

初めにも書きましたが、最近はスマホユーザーの増加により絵文字を使う人が増えてきています。
Railsアプリでも絵文字に対応するのは必須になってくると思うので、設定変更してみてください。

関連記事

【Rails】Webサーバー「Unicorn」の基本情報と実装方法
# はじめに Railsアプリを本番環境で稼働させるには、クライアントからのリクエストを捌くWebサーバーを導入する必要があります。WebサーバーはクライアントからのリクエストをRailsアプリに伝達し、Railsアプリで処理されたレスポンスをク [...]
2021年4月15日 12:17
【Rails】デプロイツール「Capistrano」の基本情報と実装方法
# はじめに アプリを本番環境にアップロードして誰でもアクセスできる状態にすることをデプロイと言います。デプロイで行うべきことは多岐にわたります。Railsアプリの場合で言えば、本番環境にアップロードすることはもちろんですが、Gemのインストール [...]
2021年4月14日 9:56
【Rails】Webpackerの基本情報と実装方法
# はじめに Rails 6からWebpackerが正式採用されました。Rails 5ではオプションで追加することができたWebpackerですが、Rails 6からは普通にアプリを作成するだけでWebpackerがインストールされ、必要な設定も [...]
2021年4月12日 14:36
【Rails】アセットパイプライン(Sprockets)の基本情報と実装方法
# はじめに Ruby on Railsにはアセットパイプラインという機能があります。アセットパイプラインは画像、CSS、JavaScriptといったアセットファイルを連結/圧縮することでRailsアプリを高速化します。また、より高級な言語で書か [...]
2021年4月11日 14:08
【Rails】Turbolinksの基本情報と実装方法
# はじめに Ruby on Railsにはページの遷移を高速化するTurbolinksという機能があります。Turbolinksは優れたJavaScriptライブラリですが、Rails 5からは標準で有効化されているため、Turbolinksを [...]
2021年4月10日 17:59