【Zapier】Zapier(ザピアー)を使ってブログの更新情報を自動でTwitterに投稿する

2021年2月12日 14:11

はじめに

当ポートフォリオサイトでは、ブログの記事を新しく投稿すると、自動で更新情報がTwitterに投稿されるようになっています。これはTwitter APIの機能を使って実現しているわけですが、Twitter APIを利用するにはかなり面倒くさい手順を踏まなければなりません。

しかし、ZapierというWebサービスを使えば、Twitter APIを使わなくても簡単にブログの更新情報を自動でTwitterに投稿することができます。

Zapier(ザピアー)とは?

Zapierとは、Webアプリケーション同士を繋げてワークフローを自動化できるWebサービスです。例えば、「Gmailで受信したメールの添付ファイルをDropboxに保存する」といったワークフローを簡単な操作で自動化できてしまいます。

類似のWebサービスにIntegromatがありますが、無料プランで利用できるWebアプリケーションの種類に違いがあるので、どういうワークフローを自動化したいのかによってどちらのWebサービスを使うかが変わってきます。下表は無料プランで利用できる/利用できないWebアプリケーションの一例です。

Zapier Integromat
Gmail 利用できる 利用できる
Twitter 利用できる 利用できない
Webhooks 利用できない 利用できる

Zapierの用語

Zapierでは以下の用語を使用しています。本記事でもこの用語を使って説明します。

用語 意味
Zap Zapierで自動化したワークフローのこと。
Trigger Zapの起点となるWebアプリケーションの動作のこと。例:Gmailでメールを受信
Action Triggerに基づいて行うWebアプリケーションの動作のこと。例:添付ファイルをDropboxに保存
Task Zapの実行履歴のこと。

Zapを作成

Zapierに登録しサインインします。

Triggerを作成

左のメニューから「MAKE A ZAP」ボタンをクリック。

「App Event」の検索ボックスに「rss」と入力し、検索結果から「RSS by Zapier」をクリック。

「Choose an event」をクリックし、「New Item in Feed」をクリック。

「Feed URL」にブログのフィードURLを入力し、「Continue」ボタンをクリック。

「Test trigger」ボタンをクリック。

入力したフィードURLのフィード内容が取得できたら、「Continue」ボタンをクリック。

これでTriggerが作成できました。

Actionを作成

「App Event」の検索ボックスに「twitter」と入力し、検索結果の「Twitter」をクリック。

「Choose an event」をクリックし、「Create Tweet」をクリック。

「Sign in to Twitter」ボタンをクリック。

ZapierのTwitterアカウントをフォローする場合は「Yes」を選択(今回は「No」を選択)。

「連携アプリを認証」ボタンをクリック。

「Message」にTwitterに投稿するツイート内容を入力します。Triggerで取得したフィード内容の各パラメーターも挿入できます。入力できたら「Continue」ボタンをクリック。

「Test & Continue」ボタンをクリック。

投稿に成功するとこのように表示されます。「Turn on Zap」ボタンをクリック。

ブログの更新情報が投稿されました。

Actionが作成できたので、Zapの作成がすべて完了しました。

まとめ

Twitter APIを使わなくても、Zapierを使えば簡単にブログの更新情報を自動でTwitterに投稿できます。ただし、Zapierの無料プランではポーリング間隔(Triggerの動作する間隔)が15分なので注意してください。

ブログを更新したらすぐにTwitterに更新情報を投稿したい場合はZapierの優良プランを使うか、Twitter APIを使うようにしてください。

関連記事

関連記事はありません。