【Rails】忘れがちなGemfileの書き方を総復習

はじめに

RailsアプリにGemをインストールするときに使うGemfileですが、意外とその詳しい書き方は把握していないという方も多いと思います。例えば、インストールするバージョンを「2.1.2以上でパッチバージョンのみ上げることを許容」などと指定する方法や、ソースとしてGitHubの特定のブランチを指定する方法などは、よく使う割に曖昧になりがちです。

本記事では、Gemfileを書くときによく使うものの「そういえば、どう書くんだっけ?」ということをまとめています。

Gemfileでよく使う書き方

Gemのバージョン指定

Gemfileでは、インストールするGemに対して以下のバージョン指定方法ができます。

指定方法 意味
X.X.X X.X.X固定
>= X.X.X X.X.X以上
>= X.X.X, < Y.Y.Y X.X.X以上Y.Y.Y未満
~> X.X.X 明記したところ以下のバージョンが上がることのみ許容

最後のチルダ(~)を使ったバージョン指定方法がわかりにくいので補足します。

「明記したところ以下のバージョン」とは、指定したバージョンの右端のバージョンのことを指します。X.Y.ZだったらZX.YだったらYXだったらXが「明記したところ以下のバージョン」となります。指定したバージョンの段階別にまとめると以下の通りとなります。

指定バージョン 意味 別の書き方
~> 1.2.3 1.2.3以上1.3.0未満 >= 1.2.3, < 1.3.0
~> 1.2 1.2.x1.2以上1.3未満) >= 1.2, < 1.3
~> 1 1.x1以上2未満) >= 1, < 2

ちなみに、package.jsonなどで使えるキャレット(^)を使ったバージョン指定方法は、Gemfileではサポートしていません。

バージョニング表記について

補足として、簡単にバージョニング表記の意味について説明しておきます。

表記 意味
0.0.x パッチバージョン。APIの変更のない実装レベルの修正。バグフィックス等。
0.x.0 マイナーバージョン。後方互換性をもったAPIの変更など。新機能、新APIの実装等。
x.0.0 アップデートするとユーザーの実装が動かなくなるような後方互換性のない変更を含む場合。

Gitリポジトリの指定

Gemfileはファイルの先頭でグローバルなソースを指定します。

source "https://rubygems.org"

Gemのインストールにグローバルなソースを使うのではなく、特定のGitリポジトリを指定することができます。

gem 'impressionist', git: 'git://github.com/charlotte-ruby/impressionist.git'

オプションで特定のタグやブランチも指定できます。

オプション 意味
tag: 'tag_name' タグを指定
branch: 'branch_name' ブランチを指定
ref: '46a582ff8cd3496da64f174b30b91f9d97e86643' コミット(リファレンス)を指定

GitHubリポジトリの場合はgitの代わりにgithubが使えます。gitと比べて簡略表記が可能です。もちろんタグやブランチも指定できます。

gem 'impressionist', github: 'charlotte-ruby/impressionist', branch: 'branch_name'

インストール環境の指定

byebugなど特定の環境でのみ必要となるGemがあります。こういったGemのためにインストール環境を指定することができます。

group :development, :test do
  gem 'byebug'
end

特定のGemに対して直接指定することもできます。あまり使いませんが、参考までに。

gem 'byebug', group: [development, test]

Bundlerを実行する際、--withoutオプションをつけることで、インストールすべきでない環境を明示的に指定することができます。

$ bundle install --without development test

--withoutオプションを指定すると、Bundlerは指定された環境を記憶します。次にBundlerを実行するときは、--withoutオプションを指定しなくても記憶している環境を除いて実行されます。

まとめ

Gemfileには今回紹介した書き方以外にももっとたくさんの書き方がありますが、その中でも特によく使うであろう書き方をピックアップしてまとめてみました。

Webページの記述されているコードをコピペする方法は楽ですが、コピペばかりしているといつまで経っても書き方を覚えることができません。よく使う書き方くらいは何も見ずとも書けるようになりたいものです。

本記事を参考にして、Gemfileの書き方を覚えていただければと思います。

関連記事

【Rails】Webサーバー「Unicorn」の基本情報と実装方法
# はじめに Railsアプリを本番環境で稼働させるには、クライアントからのリクエストを捌くWebサーバーを導入する必要があります。WebサーバーはクライアントからのリクエストをRailsアプリに伝達し、Railsアプリで処理されたレスポンスをク [...]
2021年4月15日 12:17
【Rails】デプロイツール「Capistrano」の基本情報と実装方法
# はじめに アプリを本番環境にアップロードして誰でもアクセスできる状態にすることをデプロイと言います。デプロイで行うべきことは多岐にわたります。Railsアプリの場合で言えば、本番環境にアップロードすることはもちろんですが、Gemのインストール [...]
2021年4月14日 9:56
【Rails】Webpackerの基本情報と実装方法
# はじめに Rails 6からWebpackerが正式採用されました。Rails 5ではオプションで追加することができたWebpackerですが、Rails 6からは普通にアプリを作成するだけでWebpackerがインストールされ、必要な設定も [...]
2021年4月12日 14:36
【Rails】アセットパイプライン(Sprockets)の基本情報と実装方法
# はじめに Ruby on Railsにはアセットパイプラインという機能があります。アセットパイプラインは画像、CSS、JavaScriptといったアセットファイルを連結/圧縮することでRailsアプリを高速化します。また、より高級な言語で書か [...]
2021年4月11日 14:08
【Rails】Turbolinksの基本情報と実装方法
# はじめに Ruby on Railsにはページの遷移を高速化するTurbolinksという機能があります。Turbolinksは優れたJavaScriptライブラリですが、Rails 5からは標準で有効化されているため、Turbolinksを [...]
2021年4月10日 17:59