【Rails】ページネーション「kaminari」で用意されているテーマ一覧とスタイルのカスタマイズ

2021年4月6日 12:08

はじめに

Railsアプリにページネーションを簡単に実装できるkaminariというGemには、BootstrapなどのCSSフレームワークのテーマ(テンプレートファイル)が用意されています。わざわざCSSフレームワークのクラスを手動で付与しなくても、専用コマンドを実行するだけで各テーマのテンプレートファイルをRailsアプリにフェッチすることができます。

本記事では、kaminariで使用できるテーマ一覧を画像付きで紹介します。また、CSSフレームワークではなく独自のスタイルにしたい場合に、kaminariで実際に生成されるタグやクラスを紹介します。

CSSフレームワークのテーマ一覧

CSSフレームワークのテーマをフェッチするには、以下のコマンドを実行します。

$ rails generate kaminari:views THEME

THEMEにCSSフレームワークの名称を指定します。THEMEを入力せずにコマンドを実行すると使用できるテーマの一覧が表示されます。

このコマンドはkaminari_themesというリポジトリから指定したテーマのテンプレートファイルをフェッチしています。連続してこのコマンドを実行していると、フェッチ回数がGitHubのレート制限の上限に達してしまい、それ以降コマンドが実行できなくなることがあります。

このコマンドを何度も実行することがあらかじめわかっている場合は、以下のリポジトリをクローンしてからテンプレートファイルをコピーするという方法をおすすめします。

$ git clone https://github.com/amatsuda/kaminari_themes.git
$ cd kaminari_themes/bootstrap4/
$ cp -rp app/views/ /path/to/rails/app/views/

Bootstrap

Bootstrapのテーマは、Bootstrap2、Bootstrap3、Bootstrap4の3種類がありますが、ここではBootstrap4のみを紹介します。

$ rails generate kaminari:views bootstrap4

Bulma

$ rails generate kaminari:views bulma

Foundation

Foundationのテーマは、FoundationとFoundation5の2種類がありますが、ここではFoundation5のみを紹介します。

$ rails generate kaminari:views foundation5

GitHub

GitHubはCSSフレームワークではありませんが、テーマとして用意されています。

$ rails generate kaminari:views github

Google

GoogleはCSSフレームワークではありませんが、テーマとして用意されています(使う人いるのか...?)。

$ rails generate kaminari:views google

Materialize

Materializeは前のページ、次のページのアイコンにGoogleのマテリアルアイコンを使用しています。Materialize CSSフレームワークと一緒にマテリアルアイコンも導入する必要があります。

$ rails generate kaminari:views materialize

Pure CSS

$ rails generate kaminari:views purecss

Semantic UI

$ rails generate kaminari:views semantic_ui

スタイルのカスタマイズ

CSSフレームワークではなく独自のスタイルにカスタマイズしたい場合は、kaminariによって生成されるタグやクラスにスタイルを適用します。以下は、Bootstrapのテーマを適用させた場合に生成されるHTMLです。

<nav>
  <ul class="pagination">
    <li class="page-item">
      <a class="page-link" href="/users">« First</a>
    </li>
    <li class="page-item">
      <a rel="prev" class="page-link" href="/users">‹ Prev</a>
    </li>
    <li class="page-item">
      <a rel="prev" class="page-link" href="/users">1</a>
    </li>
    <li class="page-item active">
      <a data-remote="false" class="page-link">2</a>
    </li>
    <li class="page-item">
      <a rel="next" class="page-link" href="/users?page=3">3</a>
    </li>
    <li class="page-item disabled">
      <a class="page-link" href="#"></a>
    </li>
    <li class="page-item">
      <a rel="next" class="page-link" href="/users?page=3">Next ›</a>
    </li>
    <li class="page-item">
      <a class="page-link" href="/users?page=9">Last »</a>
    </li>
  </ul>
</nav>

クラス一覧とその説明は以下の通りです。

クラス 説明
.pagination リスト全体に適用されるスタイルを設定。リストを横並びにするにはFlexboxを使う。
.page-item リストアイテムに適用されるスタイルを設定。
.active 現在のページ番号のリストアイテムに適用されるスタイルを設定。
.disabled リンクではないリストアイテムに適用されるスタイルを設定。
.page-link リストアイテムの中のリンクに適用されるスタイルを設定。

まとめ

ページネーションを実装するGemの中でkaminariはよく使われており人気があります。CSSフレームワークを使っている人も独自のスタイルを書いている人も本記事を参考にしてkaminariのページネーションをカスタマイズしていただければと思います。

関連記事

【Rails】GitHubのセキュリティアラートで発見された脆弱性を解消する方法
# はじめに GitHubにはセキュリティアラートという機能があります。セキュリティアラートはリポジトリに含まれるライブラリやパッケージの脆弱性を定期的にチェックし、脆弱性のあるライブラリやパッケージが発見されたらアラートで知らせてくれるという機 [...]
2022年1月16日 10:36
【Rails】devise-two-factorを使った2段階認証の実装方法【初学者】
# はじめに Railsアプリで2段階認証を実装するには、「rotp」というGemを使う方法の他に、「devise-two-factor」というGemを使う方法があります。「devise-two-factor」はその名の通り、IDとパスワードによ [...]
2021年12月12日 17:58
【Rails】rotpを使った2段階認証の実装方法【初学者】
# はじめに 昨今はIDとパスワードによる認証だけでなく、ワンタイムパスワードによる2段階認証を導入するWebアプリが増えてきました。Railsで作成したWebアプリでも、IDとパスワードによる認証に加えて2段階認証を導入するニーズが高まっていま [...]
2021年11月27日 13:02
【Rails】deviseを使った認証機能の実装【初学者】
# はじめに Railsアプリに認証機能を導入するには「devise」というGemを使う方法が最も簡単です。「devise」は認証に係る機能をほとんどコードを書くことなく実装できる反面、処理がブラックボックス化されており、全容が把握しづらいという [...]
2021年11月27日 13:01
【Rails】IDとパスワードによる認証機能の実装【初学者】
# はじめに 大抵のWebアプリでは、ユーザー登録/解除、ログイン/ログアウトといった認証機能を持っています。Railsには簡単に認証機能を導入できる「device」というGemが用意されています。「devise」は多くのRailsアプリで使われ [...]
2021年11月27日 13:00