【Rails】Railsアプリのデバッグ《マルチデバイス篇》

2022年6月16日 18:26

はじめに

近年のWebアプリはレスポンシブ対応が当たり前になっています。最低でもPCとスマートフォンに対応したデザイン、ときにはその中間のタブレットに対応したデザインなんかも作成する必要があります。

Webアプリの開発はPCを使って行うのでPCでのデバッグは簡単ですが、スマートフォンやタブレットなどの別端末でのデバッグは少々面倒です。Google Chromeのデベロッパーツールを使えば任意のスマートフォンの解像度に変更することが可能ですが、そこで確認したデザインと実機で確認したデザインは微妙に異なるということがよくあります。

ある程度完成したらテストサーバーにデプロイし、手持ちのスマートフォンからテストサーバーに接続という方法であれば確実ですが、テストサーバーを用意するのも大変ですし、軽微な修正のたびにいちいちデプロイしなくてはいけないのは非常に面倒です。

実は、開発中に使用しているRailsサーバーに手持ちのスマートフォンから接続することができます。これならば実機での確認ができますし、面倒なデプロイ作業をいちいちする必要はありません。

本記事では、マルチデバイスでデバッグを行う方法について説明します。

前提

Railsサーバーを起動している端末と他の確認したい端末は同じWiFiネットワークに接続している必要があります。

また、今回はRailsサーバーを起動する端末がMacBook Air (macOS: Big Sur 11.3.1)、スマートフォンがiPhone SE2 (iOS: 14.5.1) の場合について記述しています。WindowsやAndroidでも可能だと思いますが、手近な環境がないので説明の対象外とします。

マルチデバイスでデバッグ

PCの設定

Railsサーバーを起動する端末の設定を行います。メニューから[システム環境設定] - [共有]を開きます。共有設定の上部にコンピューター名が表示されているので、「編集」ボタンをクリックします。

任意のローカルホスト名を入力します。今回はmacbookとしました(.localは自動付与されます)。

Railsの設定

Railsの設定を行います。config/environments/ディレクトリ配下のdevelopment.rbに以下を追記します。

development.rb

Rails.application.configure do
  # 以下を追記
  config.hosts << Rails.application.credentials.localhost
end

以下のコマンドを実行してCredentialsを追加します。

$ EDITOR=vi rails credentials:edit

# 以下を追加
localhost: macbook.local

Railsサーバーの起動

Railsサーバーを起動する際、バインディングアドレスとして0.0.0.0を指定します。

$ rails server --binding 0.0.0.0

# 短縮形も使用可能
$ rails s -b 0.0.0.0

オプションなしでRailsサーバーを起動するとlocalhost (127.0.0.1)のみをバインディングします。しかし、localhost (127.0.0.1)は外部の環境からはアクセスできないため、外部からアクセス可能なアドレスをバインディングする必要があります。0.0.0.0をバインディングアドレスとして指定すると、端末に割り当てられているすべてのアドレスがバインディングされ、外部からのアクセスが可能になります。

別端末からアクセス

別の端末では同じWiFiネットワークに接続すること以外、何もする必要はありません。ブラウザでhttp://macbook.local:3000にアクセスすればPCで起動しているRailsサーバーに接続することができます。

まとめ

デバッグに実機を使うと、JavaScriptのユーザーエージェントプロパティ (Navigator userAgent Property) の確認が行えるというメリットもあります。Google Chromeのデベロッパーツールは単に解像度を変更しているだけなので、想定通りのユーザーエージェントプロパティを取得することはできません。そういう意味でもデバッグは実機を使って行ったほうがいいのではないかと思います。

本記事を参考にして、マルチデバイスでのデバッグを行っていただければと思います。

関連記事

【Rails】M1チップ搭載MacでRuby on Railsの開発環境構築
# はじめに M1チップ搭載MacにRuby on Railsの開発環境を構築する手順を記載します。 - MacBook Air (M1, 2020) - macOS Monterey 12.3.1 # Homebrew ## [...]
2022年5月5日 11:56
【Rails】Rakeタスクの基本情報と作成・実行方法
# はじめに Railsには標準でRakeというGemが同梱されています。RakeはRubyで実装されたMake(UNIX系のOSで使用できるコマンド)のようなビルド作業を自動化するツールです。Ruby Make、略してRakeというわけですね。 [...]
2022年3月7日 22:12
【Rails】モデルに外部キーを設定する方法とよく起こるエラー内容について
# はじめに Railsでモデルに外部キーを設定する方法について説明します。 # モデルに外部キーを設定する ## リレーションシップ 今回は1つのブログ記事は複数のコメントを持つ1対多のリレーションシップを例に説明します。現在は` [...]
2022年2月10日 14:18
【Rails】Capybaraのfill_inメソッドを実行すると「既存レコードの内容+指定した内容」がセットされる事象の原因と対処【RSpec】
# はじめに RSpec + Capybaraを使用して、Railsアプリの統合テストを実装しています。とあるモデルの編集画面において、入力フォームの内容を書き換えた上で送信し、レコードが更新されることを確認します。 入力フォームの内容を書 [...]
2022年1月27日 21:22
【Rails】GitHubのセキュリティアラートで発見された脆弱性を解消する方法
# はじめに GitHubにはセキュリティアラートという機能があります。セキュリティアラートはリポジトリに含まれるライブラリやパッケージの脆弱性を定期的にチェックし、脆弱性のあるライブラリやパッケージが発見されたらアラートで知らせてくれるという機 [...]
2022年1月16日 10:36
【Rails】devise-two-factorを使った2段階認証の実装方法【初学者】
# はじめに Railsアプリで2段階認証を実装するには、「rotp」というGemを使う方法の他に、「devise-two-factor」というGemを使う方法があります。「devise-two-factor」はその名の通り、IDとパスワードによ [...]
2021年12月12日 17:58
【Rails】rotpを使った2段階認証の実装方法【初学者】
# はじめに 昨今はIDとパスワードによる認証だけでなく、ワンタイムパスワードによる2段階認証を導入するWebアプリが増えてきました。Railsで作成したWebアプリでも、IDとパスワードによる認証に加えて2段階認証を導入するニーズが高まっていま [...]
2021年11月27日 13:02
【Rails】deviseを使った認証機能の実装【初学者】
# はじめに Railsアプリに認証機能を導入するには「devise」というGemを使う方法が最も簡単です。「devise」は認証に係る機能をほとんどコードを書くことなく実装できる反面、処理がブラックボックス化されており、全容が把握しづらいという [...]
2021年11月27日 13:01