【画像付き解説】「VALUE-DOMAIN」から「ConoHa VPS」にドメイン移管する方法【他の管理業者もOK】

ドメイン移管とは、ドメインの管理業者(レジストラ)を変更することです。

通常、ドメインはドメインを取得したレジストラで管理していればよいのですが、どうしてもレジストラを変更したいというときがあります。
例えば、VALUE-DOMAINでドメイン取得を行ったが、サーバーをConoHa VPSで契約したので、ドメインの管理もConoHa VPSで行いたい、という場合。サーバーの管理もドメインの管理もConoHa VPSの管理画面から行えるようになるので、ドメイン移管を行う理由になるでしょう。

ドメイン移管の流れ

ドメイン移管は以下の流れで行っていきます。
  1. ドメインロック解除・WHOIS代行解除【移管元】
  2. ドメイン移管申請【移管先】
  3. ドメイン移管申請承認【移管元】
  4. 移管完了するまで待つ
  5. 移管完了
  6. ドメイン削除【移管元】
ドメイン移管というと難しそうな印象ですが、われわれユーザーが行うことはたったこれだけです。
煩雑な移管手続きはすべて移管元/移管先のレジストラがやってくれるので、申請さえしてしまえばあとはただ待つだけです。

それではさっそくドメイン移管の手順を説明していきます。
なお、今回は例として移管元のレジストラは「VALUE-DOMAIN」、移管先のレジストラは「ConoHa VPS」とします。
業者は違えどやることは一緒なので適宜読み替えていただければと思います。

ドメインロック解除・WHOIS代行解除【移管元】

まず、移管元のレジストラでドメインがロックされているか確認します。
ロックされていると後述のドメイン移管申請ができないので必ずロックを解除してください。
1.png 26.2KB

VALUE-DOMAINにログインします。
2.png 38.4KB

コントロールパネルの左側メニューから[ドメイン] - [ドメインの設定操作]を選択します。
3.png 11.1KB

保有中のドメイン一覧が表示されます。
移管したいドメインの「ドメインロック」をクリックします。
4.png 18.4KB

ドメインロック設定が「有効」になっている場合、「無効」に変更します。
ドメインロックが無効になっていることを確認できたら、次にWHOIS代行解除を行います。

5.png 10.9KB

ひとつ前の画面に戻り、「WHOIS」をクリックします。
6-1.png 9.98KB

WHOIS代行の状態が無効になっていることを確認します。
有効になっている場合は代行設定を無効化してください。
6-2.png 9.3KB

下のほうにある「認証鍵」はドメイン移管申請時に必要になるので覚えておきましょう。

ドメイン移管申請【移管先】

いよいよドメイン移管申請を行います。
7.png 24.4KB

ConoHa VPSにログインします。
8.png 24.3KB

左側のメニューから[ドメイン] - [移管]をクリックします。
9.png 31.5KB

移管したいドメイン名を入力し、右下の「続ける」ボタンをクリックします。
10.png 126KB

ドメインロックが設定されていないことを確認したら、AuthCodeに移管元レジストラの「鍵情報」を入力します。
右下の「次へ」ボタンをクリックします。
11.png 55.3KB

支払情報を入力して「決済」ボタンをクリックします。
12.png 16.1KB

決済が完了すると、ドメイン移管リストに申請中のドメインが追加されます。

ドメイン移管申請承認【移管元】

移管先レジストラでドメイン移管申請を行ったら、移管元レジストラからドメイン移管申請承認のメールが送られてきます。
13.png 28KB

メールに記載されたURLにアクセスして移管申請を承認します。

移管完了するまで待つ

あとはドメイン移管が完了するまで待つだけです。
ちなみに私がドメイン移管をしたときは移管申請承認から数時間で完了しました。

移管完了

ドメイン移管が完了すると、移管元/移管先レジストラの両方から移管完了メールが届きます。
14.png 14.4KB

ドメイン移管リストのステータスが「移管済」になっていれば移管完了です。
15.png 21.8KB

左側のメニューから[ドメイン] - [ドメイン]をクリックすると、ドメインリストに移管したドメインが追加されています。
ドメインの設定や更新・延長はここから行うことができます。

ドメイン削除【移管元】

最後に、移管元レジストラで移管が完了したドメインを削除します。
17.png 54.5KB

左側のメニューから[ドメイン] - [ドメインの更新・延長]をクリックします。

18.png 34.1KB

移管が完了したドメイン名をクリックします。

19.png 27.3KB

エラーメッセージが表示されますが、その下のリンクをクリックします。
これで移管元レジストラから移管したドメインが削除されました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はVALUE-DOMAINからConoHa VPSにドメイン移管する方法を画像付きで解説しましたが、基本的な流れはどのドメイン管理業者でも変わりません。
有名どころのお名前.comやムームードメインなどでもやることは同じなので、参考にしていただければと思います。