【Rails6】Action Textで挿入した画像の保存先をAmazon S3やGCSに変更する方法

2021年2月15日 15:48

はじめに

Rails 6.0で追加された「Action Text」で挿入した画像の保存先は、デフォルトではローカルディスク(Railsアプリの実行環境)となっています。

本記事では、Action Textで挿入した画像の保存先をローカルディスクからAmazon S3やGCSといったクラウドストレージサービスに変更する方法について説明しています。

本記事ではAction Textの実装方法については説明していないので、以下の記事を参照してAction Textを実装してください。

画像の保存先について

Action Textで挿入した画像は、Active Storageという機能を使って保存されます。Active Storageの設定は、app/config/environments/development.rb(開発環境)またはapp/config/environments/production.rb(本番環境)で確認できます。

  config.active_storage.service = :local

ここで記述している:localという設定は、app/config/storage.ymlで定義してあります。

local:
  service: Disk
  root: <%= Rails.root.join("storage") %>

画像の保存先をAmazon S3やGCSに変更

前提

  • AWSに登録済み、IAMとバケット作成済み
  • GCPに登録済み、サービスアカウントとバケット作成済み

Amazon S3

Gemfileに以下を追加し、bundle installを実行します。

gem 'aws-sdk-s3', require: false

app/config/environments/development.rb(開発環境)またはapp/config/environments/production.rb(本番環境)を以下のように変更します。

  config.active_storage.service = :amazon

app/config/storage.ymlに以下を追記します。

項目 設定例
service S3
access_key_id Credentialsで設定(後述)
secret_access_key Credentialsで設定(後述)
region バケットのリージョン
bucket バケットの名称
amazon:
  service: S3
  access_key_id: <%= Rails.application.credentials.dig(:aws, :access_key_id) %>
  secret_access_key: <%= Rails.application.credentials.dig(:aws, :secret_access_key) %>
  region: <バケットのリージョン>
  bucket: <バケットの名称>

以下のコマンドを実行して、Credentialsを設定します。

$ EDITOR=vi rails credentials:edit
 aws:
   access_key_id: <アクセスキー>
   secret_access_key: <シークレットキー>

これで画像の保存先がAmazon S3に変更できました。

GCS

Gemfileに以下を追加し、bundle installを実行します。

gem 'google-cloud-storage'

app/config/environments/development.rb(開発環境)またはapp/config/environments/production.rb(本番環境)を以下のように変更します。

  config.active_storage.service = :google

app/config/storage.ymlに以下を追記します。

項目 設定例
service GCS
project プロジェクト名
private_key_id Credentialsで設定(後述)
private_key Credentialsで設定(後述、末尾に.dumpをつける)
bucket バケットの名称
google:
  service: GCS
  project: <プロジェクト名>
  credentials: 
    type: 
    project_id: 
    private_key_id: <%= Rails.application.credentials.dig(:gcs, :private_key_id) %>
    private_key: <%= Rails.application.credentials.dig(:gcs, :private_key).dump %>
    client_email: 
    client_id: 
    auth_uri: 
    token_uri: 
    auth_provider_x509_cert_url: 
    client_x509_cert_url: 
  bucket: <バケットの名称>

以下のコマンドを実行して、Credentialsを設定します。なお、private_keyは値に改行コード(\n)が含まれているので、ダブルクォーテーション("")で囲む必要があります。

$ EDITOR=vi rails credentials:edit
gcs:
  private_key_id: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
  private_key: "-----BEGIN PRIVATE KEY-----\nXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX..."

これで画像の保存先がGCSに変更できました。

Credentialsが保存されない場合

上記のコマンドではCredentialsが保存されないという場合、以下のコマンドを試してみてください。Visual Studio CodeでCredentialsを編集できるようになります。

$ EDITOR="code --wait" rails credentials:edit

まとめ

Action Textで挿入した画像は、開発環境ではローカルディスク、本番環境ではクラウドストレージサービスに設定するのが一般的です。本記事を参考にしてAction Textで挿入した画像の保存先を変更していただければと思います。

関連記事

【Rails】Railsアプリのデバッグ《マルチデバイス篇》
# はじめに 近年のWebアプリはレスポンシブ対応が当たり前になっています。最低でもPCとスマートフォンに対応したデザイン、ときにはその中間のタブレットに対応したデザインなんかも作成する必要があります。 Webアプリの開発はPCを使って行う [...]
2021年5月23日 13:02
【Rails】Railsアプリのデバッグ《Better Errors篇》
# はじめに Railsアプリの開発中になんらかのエラーが発生すると、デフォルトでは以下のような画面が表示されます(画像をクリックすると拡大します)。 <a class="gallery" data-group="gallery" href [...]
2021年5月22日 19:42
【Rails】Railsアプリのデバッグ《byebug篇》
# はじめに Ruby on Railsに限りませんが、アプリの開発中にはエラーは付き物です。なにかしらのエラーが発生したときに、エラーの原因を特定しエラー箇所を修正することをデバッグと言います。Railsではデバッグの手助けとなる機能があらかじ [...]
2021年5月22日 15:30
【Rails】レンダリング(renderメソッド)でアンカー指定を行う
# はじめに 通常、Railsでアンカー付きのリクエストを発生させるには`redirect_to`を使います。 ```rb redirect_to root_path(anchor: 'target') ``` では、`rende [...]
2021年5月20日 10:47
【Rails】Bundler 2.2.x以降は開発者が適切なプラットフォームを追加する必要がある
# 事象 昔作ったRailsアプリを久しぶりに修正しデプロイしようとしたところ、以下のエラーが出力されました。 ```bash # 実行コマンド Running $HOME/.rbenv/bin/rbenv exec bundle ch [...]
2021年5月18日 16:18