【Rails】webpacker-dev-server実行中のエラー「Could not freeze ... Cannot read property 'hash' of undefined」

2020年8月30日 16:13

はじめに

webpacker-dev-server実行中に、突然以下のエラーが出力されました。

[hardsource:3154a74b] Could not freeze ./app/webpack/packs/application.js: Cannot read property 'hash' of undefined
(node:69641) UnhandledPromiseRejectionWarning: TypeError: current.readableIdentifier is not a function
    at formatError (/Users/user/Products/project-name/node_modules/webpack/lib/Stats.js:352:30)
    at Array.map (<anonymous>)
    at Stats.toJson (/Users/user/Products/project-name/node_modules/webpack/lib/Stats.js:359:31)
    at WebpackAssetsManifest.handleEmit (/Users/user/Products/project-name/node_modules/webpack-assets-manifest/src/WebpackAssetsManifest.js:445:41)
    at AsyncSeriesHook.eval [as callAsync] (eval at create (/Users/user/Products/project-name/node_modules/tapable/lib/HookCodeFactory.js:33:10), <anonymous>:5:1)
    at AsyncSeriesHook.lazyCompileHook (/Users/user/Products/project-name/node_modules/tapable/lib/Hook.js:154:20)
    at Compiler.emitAssets (/Users/user/Products/project-name/node_modules/webpack/lib/Compiler.js:491:19)
    at onCompiled (/Users/user/Products/project-name/node_modules/webpack/lib/Watching.js:51:19)
    at /Users/user/Products/project-name/node_modules/webpack/lib/Compiler.js:681:15
    at _next0 (eval at create (/Users/user/Products/project-name/node_modules/tapable/lib/HookCodeFactory.js:33:10), <anonymous>:14:1)
(node:69641) UnhandledPromiseRejectionWarning: Unhandled promise rejection. This error originated either by throwing inside of an async function without a catch block, or by rejecting a promise which was not handled with .catch(). To terminate the node process on unhandled promise rejection, use the CLI flag `--unhandled-rejections=strict` (see https://nodejs.org/api/cli.html#cli_unhandled_rejections_mode). (rejection id: 1)
(node:69641) [DEP0018] DeprecationWarning: Unhandled promise rejections are deprecated. In the future, promise rejections that are not handled will terminate the Node.js process with a non-zero exit code.

2行目以降が出力されるのは稀で、大抵は1行目だけ単一行または複数行出力され、そのときはページが表示されなくなるなどの影響はありません。

原因を調べましたが結局よくわからず、とりあえず対処の方法だけ記事にしておきます。

対処

webpack-dev-serverを実行中の場合は一旦停止します。その後、以下のコマンドを実行してキャッシュを削除します。

$ rm -rf node_modules/.cache/hard-source/

再度webpack-dev-serverを実行すればエラーは解消されているはずです。

関連記事

【Rails】GitHubのセキュリティアラートで発見された脆弱性を解消する方法
# はじめに GitHubにはセキュリティアラートという機能があります。セキュリティアラートはリポジトリに含まれるライブラリやパッケージの脆弱性を定期的にチェックし、脆弱性のあるライブラリやパッケージが発見されたらアラートで知らせてくれるという機 [...]
2022年1月16日 10:36
【Rails】devise-two-factorを使った2段階認証の実装方法【初学者】
# はじめに Railsアプリで2段階認証を実装するには、「rotp」というGemを使う方法の他に、「devise-two-factor」というGemを使う方法があります。「devise-two-factor」はその名の通り、IDとパスワードによ [...]
2021年12月12日 17:58
【Rails】rotpを使った2段階認証の実装方法【初学者】
# はじめに 昨今はIDとパスワードによる認証だけでなく、ワンタイムパスワードによる2段階認証を導入するWebアプリが増えてきました。Railsで作成したWebアプリでも、IDとパスワードによる認証に加えて2段階認証を導入するニーズが高まっていま [...]
2021年11月27日 13:02
【Rails】deviseを使った認証機能の実装【初学者】
# はじめに Railsアプリに認証機能を導入するには「devise」というGemを使う方法が最も簡単です。「devise」は認証に係る機能をほとんどコードを書くことなく実装できる反面、処理がブラックボックス化されており、全容が把握しづらいという [...]
2021年11月27日 13:01
【Rails】IDとパスワードによる認証機能の実装【初学者】
# はじめに 大抵のWebアプリでは、ユーザー登録/解除、ログイン/ログアウトといった認証機能を持っています。Railsには簡単に認証機能を導入できる「device」というGemが用意されています。「devise」は多くのRailsアプリで使われ [...]
2021年11月27日 13:00