【Rails6対応】Railsアプリのデプロイ方法

2020年1月6日 11:49

はじめに

Railsアプリのデプロイ方法はこちらの手順を参考にさせてもらっています。しかし上記手順では一部、Rails6に対応していない部分があるため、ここで差分としてまとめたいと思います。
基本的に上記手順に沿って進めていき、手順を変更したほうがいい章についてはここに記載されている差分の手順で進めていくことを想定しています。
章立ても上記手順に則っているためここでは飛び飛びになっていますがご了承ください。

1 Conohaの契約

OSは「CentOS 7.7」を選択。
※「CentOS 8.0」など最新のイメージを選択すると、インストールされているコマンドの差異により思わぬエラーが出るため。

2-6 秘密鍵をローカルのsshに登録

ローカルのSSH設定ファイル名が間違っている。こちらの記事を参照。

3-6 Rubyのインストール

Rubyのインストールが完了しても標準出力が戻ってこない?
VPS接続が自動切断された時点でインストールが完了しているため、標準出力が戻ってこないからといって待ち続ける必要はない。

3-7 bundleのインストール

bundleのインストールだけではデプロイ時に以下のエラーが出力される。

SSHKit::Command::Failed: bundle exit status: 1
bundle stdout: Nothing written
bundle stderr: /home/user/.rbenv/versions/2.6.3/lib/ruby/2.6.0/rubygems.rb:283:in `find_spec_for_exe': Could not find 'bundler' (2.0.2) required by your /var/www/app/releases/20200103015156/Gemfile.lock. (Gem::GemNotFoundException)
To update to the latest version installed on your system, run `bundle update --bundler`.
To install the missing version, run `gem install bundler:2.0.2`

bundlerのインストールもここで行っておく。

# rbenv exec gem install bundler

bundleとbundlerの違いをご存知の方がいらっしゃましたら教えて下さい…

4 node.jsのインストール

上記手順でインストールしたnode.jsではバージョンが古いというエラーが出力される。

error shallow-clone@3.0.1: The engine "node" is incompatible with this module. Expected version ">=8". Got "6.17.1"
error Found incompatible module.

そのため、以下のコマンドでnode.jsのインストールを行う。

# curl -sL https://rpm.nodesource.com/setup_11.x | bash -
# yum -y install nodejs

既にnode.jsをインストールしてしまっている場合は以下のコマンドでアンインストールを行う。

# yum -y remove nodejs

また、デプロイ時に以下のエラーが出力されます。

Caused by:
SSHKit::Command::Failed: bundle exit status: 5
Gem::Ext::BuildError: ERROR: Failed to build gem native extension.

...

compiling ./libsass/src/utf8_string.cpp
make: g++: コマンドが見つかりませんでした
make: *** [utf8_string.o] エラー 127

これはRails6から追加されたWebpackerの依存パッケージであるsassc内でg++コマンド(C++のコンパイラコマンド)が実行できないというエラーです。
以下のコマンドでg++コマンドをインストールします。

$ sudo yum -y install gcc-c++

5-4 time-zoneを設定

上記手順でタイムゾーンを設定すると、MySQLコンソールにログインしようとしたところで以下のエラーが出力される。

$ mysql -u root -p
mysql: unknown variable 'default-time-zone=Asia/Tokyo'

タイムゾーンの設定は以下の通り行う。

symbolic-links=0                   # 既存の行

default-time-zone = 'Asia/Tokyo'   # ここに挿入

log-error=/var/log/mysqld.log      # 既存の行

6 Nginxの設定

Nginxの設定はこちらの記事を参照。

7 Githubの公開鍵登録

設定についてはこちらの記事も参照。

2-4 productionの環境設定

config/deploy.rbのシンボリック設定を以下のように変更する。

# シンボリックリンクをはるファイル
set :linked_files, fetch(:linked_files, []).push('config/secrets.yml')

↓

# シンボリックリンクをはるファイル
set :linked_files, fetch(:linked_files, []).push('config/master.key')

2-5 環境変数の設定(サーバー側)

secrets.ymlの代わりにmaster.keyを作成する。

まとめ

上記手順を合わせてこの差分を行うことでエラーなくデプロイができるはずです。一発でデプロイ完了してみたいですね。

関連記事

【Rails】GitHubのセキュリティアラートで発見された脆弱性を解消する方法
# はじめに GitHubにはセキュリティアラートという機能があります。セキュリティアラートはリポジトリに含まれるライブラリやパッケージの脆弱性を定期的にチェックし、脆弱性のあるライブラリやパッケージが発見されたらアラートで知らせてくれるという機 [...]
2022年1月16日 10:36
【Rails】devise-two-factorを使った2段階認証の実装方法【初学者】
# はじめに Railsアプリで2段階認証を実装するには、「rotp」というGemを使う方法の他に、「devise-two-factor」というGemを使う方法があります。「devise-two-factor」はその名の通り、IDとパスワードによ [...]
2021年12月12日 17:58
【Rails】rotpを使った2段階認証の実装方法【初学者】
# はじめに 昨今はIDとパスワードによる認証だけでなく、ワンタイムパスワードによる2段階認証を導入するWebアプリが増えてきました。Railsで作成したWebアプリでも、IDとパスワードによる認証に加えて2段階認証を導入するニーズが高まっていま [...]
2021年11月27日 13:02
【Rails】deviseを使った認証機能の実装【初学者】
# はじめに Railsアプリに認証機能を導入するには「devise」というGemを使う方法が最も簡単です。「devise」は認証に係る機能をほとんどコードを書くことなく実装できる反面、処理がブラックボックス化されており、全容が把握しづらいという [...]
2021年11月27日 13:01
【Rails】IDとパスワードによる認証機能の実装【初学者】
# はじめに 大抵のWebアプリでは、ユーザー登録/解除、ログイン/ログアウトといった認証機能を持っています。Railsには簡単に認証機能を導入できる「device」というGemが用意されています。「devise」は多くのRailsアプリで使われ [...]
2021年11月27日 13:00